3.自らが創業するときの助成金

助成金名 受給資格者創業支援助成金
概要 雇用保険の受給資格者である失業中の方が自ら創業し、創業後1年以内に労働者を雇い入れて雇用保険の適用事業主になった場合、創業に要した費用の一部を助成する。
受給要件・条件の概要 1、法人等設立時において雇用保険の受給資格者であること。
         (雇用保険の算定基礎期間が5年以上あること)
2、法人等を設立する前に労働局に法人等設立事前届を提出していること。
3、法人等の設立から1年を経過するまでの間に雇用保険被保険者として雇い入れること。
助成金額・内容 法人等の設立・運営に要した費用の1/3(上限150万円)
ただし設立から1年以内に2人以上雇い入れた場合は50万円上乗せ)
備考 一部事業は対象外(宗教、政治、風俗営業など)
問い合わせ先 労働局、ハローワーク


助成金一覧へ戻る