TOP
TOP : 【2020.8.1から】失業等給付の受給資格を得るために必要な「被保険者期間」の算定方法が変わります。
投稿者 : 糀谷 投稿日時: 2020-07-03 10:24:51 (231 ヒット)



離職票の支払基礎日数の考え方の変更ですが、改正雇用保険法は成立・交付されています。そして、この具体的な取扱いについて、いくつかの労働局からリーフレットが公開されています。リーフレットでは、改正点を以下のように説明しています。



[ 改正前 ]

離職日から1か月ごとに区切っていた期間に、賃金支払いの基礎となる日数が11日以上ある月を1か月と計算。

※週の所定労働時間が20時間以上であり、かつ、雇用見込み期間が31日以上であるという雇用保険被保険者となる要件を満たしながらも、賃金支払の基礎となった日数が11日に満たないことにより、被保険期間に算入されない期間があるため、日数だけでなく労働時間による基準も補完的に設定するよう見直す。



[ 改正後 ]

離職日から1か月ごとに区切っていた期間に、賃金支払の基礎となる日数が11日以上ある月、または、賃金支払の基礎となった労働時間数が80時間以上ある月を1か月として計算。



これを踏まえた上で、離職日が2020年8月1日以降の被保険者に関する離職票を作成する際、「⑨欄」と「⑪欄」に記載する賃金支払基礎日数が10日以下の期間については、この期間における賃金支払の基礎となった労働時間数を「⑬欄」に記載することになります。かなり複雑な取り扱いになりますので、誤りのないようにしましょう。



↓改正内容が記載されたリーフレットはこちらからダウンロード!

https://jsite.mhlw.go.jp/niigata-roudoukyoku/content/contents/0801kikan.pdf







印刷用ページ このニュースを友達に送る

株式会社陽転では、
セミナー及び研修事業を実施しております。
アクティブブレイン協会
記憶術のアクティブ・ブレイン協会

チェレンジ25
「糀谷社会保険労務士事務所」は、
チャレンジ25に参加しています。

KATANA
Samuraiベンチャーに刀を。
「企業」が「起業」を支援する!
新たな起業支援

賃金の研究でダントツ!
(株)北見式賃金研究所

中小企業の給与水準を知るための
ポータルサイト

東日本大震災 義援金

プライバシーマーク


  ホーム  |   事業所案内  |   個人情報保護方針  |   特定商取引法に関する表記  |   サイトマップ  |   お問合わせ     .  

Copyright©2004-2012 糀谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.