TOP
TOP : 平成24年度雇用保険料率が決定 ~昨年度より0.2%引下げ~
投稿者 : admin 投稿日時: 2012-02-16 17:43:38 (2466 ヒット)

~平成23年度から0.2%引下げ~

厚生労働省は、平成24年1月25日に、
平成24年度の雇用保険料率を告示しました。

平成23年度の雇用保険料率からは、
0.2%引下げ」という結果になっています。

平成24年度の雇用保険料率は、

●一般事業で、1,000分 の 13.5(15.5)
  ・労働者負担分:1000分 の 5(6)
  ・事業主負担分:1000分 の 8.5(9.5)

●農林水産業および清酒製造業で、1,000分 の 15.5(17.5)
  ・労働者負担分:1000分 の 6(7)
  ・事業主負担分:1000分 の 9.5(10.5)

●建設業で、1,000分 の 16.5(18.5)
  ・労働者負担分:1000分 の 6(7)
  ・事業主負担分:1000分 の 10.5(11.5)

         *( )内は、平成23年度の雇用保険料率

雇用保険料率は、労使折半で負担する失業等給付の料率に、事業主が負担する雇用保険二事業の料率を加えたものとなります。
このうち、失業等給付の料率については、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」に基づき、雇用保険受給者実人員の状況や積立金の状況を勘案し、厚生労働大臣が労働政策審議会の意見を聴いて、一定の範囲内で変更することが可能となっています。

平成24年度の失業等給付の料率については、本年1月6日に了承された「労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会報告書」の中で、1.0%に引き下げるべきとされました。
このため、雇用保険二事業の料率を加えた全体の料率は、一般の事業で、1.35%となります。

【厚生労働省 告示内容】 
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020wyu.html

【平成24年度雇用保険料率表】 
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/hokenryoritsu.pdf


印刷用ページ このニュースを友達に送る

株式会社陽転では、
セミナー及び研修事業を実施しております。
アクティブブレイン協会
記憶術のアクティブ・ブレイン協会

チェレンジ25
「糀谷社会保険労務士事務所」は、
チャレンジ25に参加しています。

KATANA
Samuraiベンチャーに刀を。
「企業」が「起業」を支援する!
新たな起業支援

賃金の研究でダントツ!
(株)北見式賃金研究所

中小企業の給与水準を知るための
ポータルサイト

東日本大震災 義援金

プライバシーマーク


  ホーム  |   事業所案内  |   個人情報保護方針  |   特定商取引法に関する表記  |   サイトマップ  |   お問合わせ     .  

Copyright©2004-2012 糀谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.