TOP
TOP : 確定給付企業年金法施行規則の一部を改正する省令
投稿者 : 糀谷 投稿日時: 2018-06-22 10:56:52 (25 ヒット)

 積立不足に伴い拠出すべき掛金の額(いわゆる非継続基準に抵触した場合に拠出すべき特例掛金)について、①積立比率方式により翌事業年度から特例掛金を拠出する場合には、当年度の不足額を分割して拠出することができる一方で、②翌々事業年度から特例掛金を拠出する場合には、当年度の不足額を分割した額に加えて翌事業年度に増加が見込まれる積立不足を一括して拠出することとなっていることから、①と②の不均衡が指摘されていた。

そこで、翌事業年度に増加が見込まれる積立不足についても分割して拠出することを可能とするため、所要の改正を行うこととされた。


〔解説〕改正のイメージは、次のとおり。


<特例掛金の拠出方法の見直し(厚生労働省資料)>


https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/0000212627.pdf


 


この省令は、公布の日(平成30年6月22日)施行


 


〈補足〉この改正に関連して、厚生労働省から、次のような通知が発出されている。


<確定給付企業年金法施行規則の一部を改正する省令(平成30年厚生労働省令第77号)の施行等に伴う「確定給付企業年金の規約の承認及び認可の基準等について」の一部改正について(平成30年6月22日年企発0622第1号)>


https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180622T0010.pdf


 


印刷用ページ このニュースを友達に送る

株式会社陽転では、
セミナー及び研修事業を実施しております。
アクティブブレイン協会
記憶術のアクティブ・ブレイン協会

チェレンジ25
「糀谷社会保険労務士事務所」は、
チャレンジ25に参加しています。

KATANA
Samuraiベンチャーに刀を。
「企業」が「起業」を支援する!
新たな起業支援

賃金の研究でダントツ!
(株)北見式賃金研究所

中小企業の給与水準を知るための
ポータルサイト

東日本大震災 義援金

プライバシーマーク


  ホーム  |   事業所案内  |   個人情報保護方針  |   特定商取引法に関する表記  |   サイトマップ  |   お問合わせ     .  

Copyright©2004-2012 糀谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.