「罰則付きで残業規制」労政審が報告書取りまとめ

投稿日時 2017-06-05 08:57:51 | カテゴリ: TOP

  労働政策審議会の労働条件分科会は、残業時間の上限規制等について、年合計で720時間以内に収め、罰則により強制力を持たせることが適当であるとする報告書を取りまとめた。



報告書では、休日労働の抑制を努力義務として労働基準法の指針に規定することも明記した。



厚生労働省は今秋の臨時国会にも労働基準法等の改正法案を提出したい考えで、早ければ2019年4月の施行を目指す。





http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000166799.html

【厚生労働省ホームページ】




糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/legal/index.php?page=article&storyid=43