雇用保険の自動変更対象額等の変更

投稿日時 2017-06-27 10:33:10 | カテゴリ: TOP

 雇用保険自動変更対象額(基本手当の日額の算定の基礎となる賃金日額の範囲等)いわゆる収入控除額、支給限度額については、雇用保険法の規定に基づき、毎月勤労統計における平均給与額の上昇又は低下の比率に応じて毎年自動変更されている(今回は、約0.41%上昇したことに伴う変更)。

この規定に基づき、平成29年8月1日から平成30年7月31日までの間に適用される自動変更対象額等が告示された。


なお、基本手当の日額の算定の基礎となる賃金日額の範囲(賃金日額の上・下限額など)については、「雇用保険法等の一部を改正する法律(平成29年法律第14号)/平成29年8月1日施行分」により、法定額の引き上げ行われており、その額に自動変更の規定が適用されている。そのため、大幅な引き上げとなってい






糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/legal/index.php?page=article&storyid=44