TOP
TOP : 労働政策審議会建議「仕事と家庭の両立支援対策の充実について
投稿者 : 糀谷 投稿日時: 2015-12-23 16:57:04 (685 ヒット)

 厚生労働省の労働政策審議会は、厚生労働大臣に対し、仕事と家庭の両立支援対策の充実について建議を行いました。

今回の建議は、今後の雇用のあり方に影響を与える内容となっておりますので、ご確認下さい。

【労働政策審議会建議「仕事と家庭の両立支援対策の充実について」】

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000107682.html

今回の建議では、以下の方向性が示されました。

1. 介護離職を防止し、仕事と介護の両立を可能とするための制度の整備

(1)介護休業(93日:介護の体制構築のための休業)の分割取得

(2)介護休暇(年5日)の取得単位の柔軟化

(3)介護のための所定労働時間の短縮措置等(選択的措置義務)

(4)介護のための所定外労働の免除(新設)

(5)介護休業等の対象家族の範囲の拡大

(6)仕事と介護の両立に向けた情報提供

2. 多様な家族形態・雇用形態に対応した育児期の両立支援制度等の整備

(1)子の看護休暇(年5日)の取得単位の柔軟化

(2)有期契約労働者の育児休業の取得要件の緩和

(3)育児休業等の対象となる子の範囲

(4)妊娠・出産・育児休業・介護休業をしながら継続就業しようとする男女労働者の就業環境の整備




 介護休業については「対象家族1人につき、3回を上限として、通算93日まで、介護休業を分割取得することができることとする」こと、介護休暇については「半日(所定労働時間の2分の1)単位の取得を可能とする」こと、子の看護休暇については「半日(所定労働時間の2分の1)単位の取得を可能とする」ことが建議されています。また、有期契約労働者の育児休業については「①当該事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること、②子が1歳6ヶ月に達する日までの間に労働契約が満了し、かつ、契約の更新がないことが明らかな者を除く、とし取得要件を緩和する」ことが建議されています。









印刷用ページ このニュースを友達に送る

株式会社陽転では、
セミナー及び研修事業を実施しております。
アクティブブレイン協会
記憶術のアクティブ・ブレイン協会

チェレンジ25
「糀谷社会保険労務士事務所」は、
チャレンジ25に参加しています。

KATANA
Samuraiベンチャーに刀を。
「企業」が「起業」を支援する!
新たな起業支援

賃金の研究でダントツ!
(株)北見式賃金研究所

中小企業の給与水準を知るための
ポータルサイト

東日本大震災 義援金

プライバシーマーク


  ホーム  |   事業所案内  |   個人情報保護方針  |   特定商取引法に関する表記  |   サイトマップ  |   お問合わせ     .  

Copyright©2004-2012 糀谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.