筆文字セミナーのご案内

投稿日時 2014-11-26 08:04:13 | カテゴリ: TOP

 皆さんは、冠婚葬祭時に、筆文字でキレイな字を書けるようになりたいと思われた経験はありませんか?

私たち糀谷社会保険労務士事務所スタッフも筆文字を書く機会は少なくないのですが、正直、自信がないまま書いているのが現状です。


「心がこもっていれば、伝わるよ!」よく耳にするこの言葉。皆さんは、この言葉に救われるでしょうか?その言葉には、どこか“甘え”がないでしょうか?そんな言葉よりも、「○○さん、すごく綺麗な字を書かれますね」と言われた方が、何倍も嬉しいものです。


今回、この筆文字コンプレックスから解放されるセミナーを開催させて頂きます。実際の書道家を招き、受講前と受講後の筆文字の変化を感じて頂きます。講師の太田氏は言います。「達筆な筆文字を書くには明確なポイントがあります。それを踏まえれば誰でも筆文字が上達します」と。今回のセミナーは2時間です。最初の30分は講師が筆文字の使い方やポイントについて講義頂き、その後1時間30分間は、受講される方が綺麗に書きたい3語について訓練していただきます。まるで学校の書道の授業のように講師が巡回しながら個別に指導、ご相談に対応致します。綺麗な筆文字は、会社の印象に好影響を及ぼします。特にパソコンから出力されたデジタル文字が当たり前になっている現代において、筆文字の持つ温かみは良い印象を与えます。実際に弊事務所のお客様でも、ここ2年間で筆文字に取り組んでおられる会社があります。


その会社の社長は言います。「もちろん、心を込めて綺麗な文字を書くことが目標ですが、綺麗な文字を届けたいという思いを行動として実践することが大切だ」と。


今回のセミナーで、まずは、筆文字のポイントを学んで頂き、そして実際に3語を徹底訓練していただきます。このセミナーを通して、ビジネスの中で筆文字を楽しんで頂き、意識や心持ちが変わるきっかけとなれば幸いです。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。



セミナーのポイント



今回身に付けて頂く書き方は、デザイン文字ではなく、楷書体による筆文字です。


受講者自身が綺麗に書きたい3語を徹底訓練し、劇的ビフォーアフターを感じて頂きます。


普通紙、半紙、祝儀袋等の各種用紙、筆ペンをご用意致しますので、シーンに合わせた訓練が可能です。


当セミナー限定「綺麗に筆文字を書く5つのポイント(非売品)をプレゼント致します。


講師直伝!受講者自身の名前を綺麗に書くポイントを示した特製ポストカードをプレゼント致します。


野洲市の北川製茶さん特選! この時季に、大切なお客様に出したいお茶をご用意します。



なによりも筆文字を書くことが楽しくなり、自信を持つことができます。






講 師:太田 馨(習字研究社会員。師範傅師補・六段)



小学生の時から稽古を始めた書道。社会に出てからブランクがありましたが、ある時大阪で、若くして素晴らしい書作品を手掛ける創作書家()と出会い、衝撃を受ける。以降、この書の道で活動することをかたく決意。現在は、創作品の露店販売、他の分野のアーティストとの共同個展、お客様からのご依頼品制作、イベント等の書の制作に鋭意奮闘中。






●セミナープログラム


114301445 筆ペンの使い方

214451500綺麗に筆文字を書くポイント

315001630徹底訓練、実際に筆文字で文字を書いてみよう!

筆ペンの使い方と綺麗な筆文字を書く事だけにこだわった2時間をお届けします。



 


日 時 : 1211(14301630 *終了時間は前後します


場 所 :コミュニティセンターやす 2階 研修室1


(滋賀県野洲市小篠原2142番地)


  ※JR野洲駅下車徒歩5分 ※無料駐車場30台分完備


講 師 :太田 馨


参加費 :2,000(税込) ※筆ペン代、各種用紙代含む


定 員  :20名  ※先着順です。


対 象  :総務担当者


*秘匿性が高いため、同業者、コンサルタントの参加は堅くお断りします。 


申込み方法FAX又はお電話、facebookからお申し込みいただけます。



申込み締切:平成26125()





セミナーのお申し込みは下記をダウンロードの上、



必要事項をご記入の上、FAX(077-586-7481)にて、送付ください。





筆文字セミナーお申込書






糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/news/index.php?page=article&storyid=109