2016年の中小企業の経営施策~学校法人産業能率大学からの2016年 中小企業の経営施策」の調査結果より~

投稿日時 2016-02-03 07:52:57 | カテゴリ: TOP

 学校法人産業能率大学から、中小企業(従業員6人~300人)の経営者を対象に実施した「2016年 中小企業の経営施策」の調査結果が発表されています。



2016年の中小企業の経営施策

http://www.sanno.ac.jp/research/forecast2016.html

これによると、今年(2016年)の経営活動に大きな影響を与えると想定される要因(複数回答)の上位5つは次の通りとなりました。



(1)人材の不足…34.7%

(2)国の政策の変化…31.9%

(3)需要の不足…18.9%

(4)業界構造の変化…18.6%

(5)国際情勢の悪化…16.0%

もはや人材不足は中小企業だけの問題ではありませんが、特に従業員数の少ない企業にとっては、死活問題となっているようです。

なお、今年の業績見通しについては、約4割の中小企業が「良くなる見込み」(大幅に良くなる見込み:4.2%、やや良くなる見込み:35.2%)と回答しています。









糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/news/index.php?page=article&storyid=145