改正雇用保険法や育児・介護休業法等の改正項目とその施行日

投稿日時 2016-04-01 15:22:27 | カテゴリ: TOP



雇用保険料率の引き下げ等を盛り込んだ改正雇用保険法が平成28年3月29日、衆院本会議で可決・成立しました。

 




        <改正雇用保険法や育児・介護休業法等の改正される項目と施行日>




下記1~2は今年の4月、8月と順次施行されていきます。それ以外の3~6は、来年1月1日から施行予定です。


 


1.   雇用保険料率(労使折半)を1%から0.8%に引き下げ


(平成28年4月1日~)


 


2.   介護休業時の給付金を休業前賃金の40%から67%へ引き上げ


(平成28年8月1日~)


 


3.   介護休業(93日間)を3回まで分割取得可能に


(予定:平成29年1月1日~)


 


4.   雇用保険加入の年齢制限(現行64歳まで)を撤廃


(予定:平成29年1月1日、保険料徴収は平成32年4月1日~)


 


5.   同じ企業で1年以上働く非正規労働者の育児休業の取得要件を緩和し、


「子どもが1歳6カ月になっても同じ企業で働く可能性がある場合」に


(予定:平成29年1月1日~)


 


6.   研修など上司や同僚によるマタハラ防止策を事業主に義務付け


(予定:平成29年1月1日~)


 



雇用保険の適用拡大等、企業にとって影響のある改正になってくると思いますので、今後の動向に注目していきたいところです。













糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/news/index.php?page=article&storyid=156