労働保険の年度更新の時期です(6月1日~7月10日)

投稿日時 2012-05-28 08:42:12 | カテゴリ: TOP

 毎年6月1日から7月10日までは労働保険の年度更新の時期となります



年度更新とは、労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(これを「保険年度」といいます。)を単位として計算されることになっています。






その額はすべての労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっております。




労働保険では、保険年度ごとに概算で保険料を納付し、保険年度末に賃金総額が確定したあとに精算する方法をとっております。



したがって、事業主は、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続きが必要となります。



これが「年度更新」の手続きです。



そこで、年度更新の申告書は例年5月末から6月頭に各事業所に届くことになっていますが、厚生労働省から労働保険年度更新の申告書の書き方に関するパンフレットが公開されました。



◆平成24年度事業主の皆様へ(継続事業用)労働保険年度更新申告書の書き方

http://www.lcgjapan.com/pdf/lb06016.pdf



◆年度更新のよくある質問はコチラ

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/situmon.html





6月の後半になると、社会保険の算定基礎届の作成時期となりますので、できるだけ労働保険の年度更新はは早めに片付けておきたいものです。



厚生労働省は労働保険にかかる資料や様式類をホームページ上で公開しています。



そして先日、算定基礎賃金集計表に各月の賃金額を入力することで、申告書記入イメージが完成する「年度更新申告書計算支援ツール」の平成24年度版が公開されました。



今年度の年度更新では、料率の変更もあるため、計算誤りのないようにこのようなツールを利用し確認したいものです。



◆年度更新申告書計算支援ツールのダウンロード はこちらから

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/yousiki.html








糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/news/index.php?page=article&storyid=44