平成28年10月よりパートタイマーなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大が決定しました。

投稿日時 2012-08-29 17:24:59 | カテゴリ: TOP

平成28年10月よりパートタイマーなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大が決定しました。



「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための


国民年金法等の一部を改正する法律案」が、平成24年8月10日に


参議院で可決。


8月22日に公布されました。





これまでは、健康保険、厚生年金の適用事業所に勤務する


パートタイマーは、所定労働日数または所定労働時間が一般労働者


(正社員)の4分の3以上(概ね週30時間以上)の場合に加入義務


が発生してたのですが、4分の3未満のパートタイマーにも加入対象


を広げるものです。




●今回決定した短時間労働者への適用拡大の内容

1週間の所定労働時間が20時間以上であること。

・月額賃金88,000円以上(年収106万円以上)であること

・当該事業所に継続して1年以上使用されることが見込まれること

・通常の労働者およびこれに準ずる者(※)の総数が常時500人を超える事業所であること
 

※1週間の所定労働時間が同一の事業所に使用される通常の労働者の1週間の所定労働時間の4分の3以上であり、かつ、その1月間の所定労働日数が同一の事業所に使用される通常の労働者の1月間の所定労働日数の4分の3以上である短時間労働者


施行日:平成28年10月(従業員数500名超の企業)

            平成31年10月(従業員500名以下の企業) ※暫定






糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/news/index.php?page=article&storyid=59