自殺のワタミ社員、労災認定=「長時間労働のストレス」―神奈川

投稿日時 2012-02-22 09:00:00 | カテゴリ: TOP

居酒屋「和民」を展開するワタミフードサービス(東京)の社員だった森美菜さん=当時(26)=が2008年に自殺したのは、長時間労働によるストレスが原因だったとして、神奈川労働者災害補償保険審査官が労災適用を認める決定をしていたことが21日、分かりました。決定は14日付です。

 遺族が同年8月、横須賀労働基準監督署に労災認定を申請しましたが認められず、同審査官に審査請求していました。

 代理人弁護士によると、森さんは同年4月に入社、神奈川県横須賀市内の和民に配属されました。5縲怩V日間連続の深夜勤務など長時間労働で、時間外労働は月100時間を超え、入社約2カ月後の同年6月、自宅近くのマンションから飛び降り自殺しました。

 審査官は決定書で「業務による心理的負荷が主因となって精神障害が発症した」と認定したということです。






糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/news/index.php?page=article&storyid=9