TOP
TOP : 60歳以上の賃金の決め方
投稿者 : 糀谷 投稿日時: 2012-02-01 13:30:00 (1200 ヒット)

終了しました。
 

60歳以上の賃金の決め方


日時:2012-02-01 13:30~16:00

摘要:平成18年4月から定年の延長が義務付けられ、企業は65歳までの雇用を行わなければならなくなりました。 多くの会社が継続雇用制度を導入しておりますが、継続雇用制度により、考えなければならなくなったのが「60歳からの賃金」です。 これには、多くの会社が頭を悩ませておられます。賃金を定年時の10%や15%カットのような賃金の決め方は会社も本人も損をします。 60歳を過ぎた社員の賃金は厚生年金の受給、雇用保険の受給が複雑にからみあいます。
 60歳を超えた従業員は、正社員と区分し、名称を変更し「●●規定」を適用することを提唱します。 大企業のものまねの規定ではない「●●規定」の紹介により、正社員とは異なった柔軟な人事・労務管理をご提案いたします。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

株式会社陽転では、
セミナー及び研修事業を実施しております。
アクティブブレイン協会
記憶術のアクティブ・ブレイン協会

チェレンジ25
「糀谷社会保険労務士事務所」は、
チャレンジ25に参加しています。

KATANA
Samuraiベンチャーに刀を。
「企業」が「起業」を支援する!
新たな起業支援

賃金の研究でダントツ!
(株)北見式賃金研究所

中小企業の給与水準を知るための
ポータルサイト

東日本大震災 義援金

プライバシーマーク


  ホーム  |   事業所案内  |   個人情報保護方針  |   特定商取引法に関する表記  |   サイトマップ  |   お問合わせ     .  

Copyright©2004-2012 糀谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.