60歳以上の賃金の決め方

投稿日時 2012-02-01 13:30:00 | カテゴリ: TOP

終了しました。
 
60歳以上の賃金の決め方


日時:2012-02-01 13:30~16:00

摘要:平成18年4月から定年の延長が義務付けられ、企業は65歳までの雇用を行わなければならなくなりました。 多くの会社が継続雇用制度を導入しておりますが、継続雇用制度により、考えなければならなくなったのが「60歳からの賃金」です。 これには、多くの会社が頭を悩ませておられます。賃金を定年時の10%や15%カットのような賃金の決め方は会社も本人も損をします。 60歳を過ぎた社員の賃金は厚生年金の受給、雇用保険の受給が複雑にからみあいます。
 60歳を超えた従業員は、正社員と区分し、名称を変更し「●●規定」を適用することを提唱します。 大企業のものまねの規定ではない「●●規定」の紹介により、正社員とは異なった柔軟な人事・労務管理をご提案いたします。






糀谷社会保険労務士事務所 大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、京都市など 滋賀県 京都府にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.office-kojitani.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.office-kojitani.com/seminar/index.php?page=article&storyid=8