セミナーコンテンツ  >  ストレスチェック義務化とメンタルヘルス対策セミナー

ストレスチェックのポイント


&戦略的活用法セミナー




企業の精神的負担急増!ストレスチェック義務化に向け企業がすべき事を全てお話します!    


ストレスチェックって本当に大事なことなの?ストレスチェックのメリットを大公開します!


ストレスチェックは、経営にこう役立てる!!有効なストレスチェックの活用方法をご提案します。    



 近年、うつ状態等のメンタルヘルス不調の症状を訴える人々が増加しています。また、労働政策研究・研修機構が2014年1~2月に実施した統計によると、うつ病などメンタルヘルスの不調を感じている人の13.3%が会社を休職しており、メンタルヘルス不調になった人の42.3%は「業務内容や業務量への配慮」を、34.9%は「職場の同僚や上司との人間関係を考慮した配置」を望んでいるという結果が出ました。

このような社会背景も相まって平成27年12月1日から従業員50人以上の事業所では、従業員に対して、医師や保健師による心理的な負担の程度を把握するための「ストレスチェック制度」が義務づけられました。ストレスチェック制度とは、定期的に『労働者のストレスの状態』について検査を行い、本人にその結果を通知し自らのストレスの状況について気付きを促す制度です。


 この制度により個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させ労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止するねらいがあります。


 企業側として注意すべきこと、それは企業がメンタルヘルス対策を怠ることで「他の社員への重大な悪影響」「多額の損害賠償義務発生」「病気が治るまで解雇できない。」のようなリスクが発生するといいうことです。メンタルヘルス不調者の存在は、他の従業員の就業意欲の低下等を引き起こし、職場の労働生産性を減退させます。それだけでなく職場いじめなどでメンタルヘルス不調を発症した場合に、安全配慮義務違反として不法行為責任が認められると損害賠償金を支払わなければならなくなります。



また、企業はメンタル不調が原因で会社を休業している従業員を解雇する事は難しく、長引けばそれだけで負担となります。そうならない為にも、本セミナーでは、メンタルヘルスにおける企業が負う法的リスクを軽減させる方法や実際にメンタル不調者が現れた場合にどのように対応すべきなのかについて、講師が実際に解決した事例を基に解決策並びにストレスチェックの有効な活用方法についてご提案させていただきます。







【セミナー内容】


1.中小企業に求められる労働安全衛生体制のポイントとは?


2.そもそもストレスチェック義務化とは?


3.ストレスチェック導入前に整備しておく体制とは?


4.会社が準備しておくべきストレスチェックの事後対応内容。


5.メンタルヘルス不調対応のポイントと解決事例。


6.数々の○○ハラスメントとメンタルヘルスの関係



この他にも皆様にお伝えしたいことが多くあります。



【開催概要】



日 時:平成271015( 14001600 *終了時間は前後します


場 所:コミュニティセンターやす 研修室1  (野洲市小篠原2142番地)


参加費:5,400(税込)/人 2人目は無料とさせていただきます。 

※顧問先様は無料です。


定 員:20名  ※先着順です。2人以上の受講で効果が上がります


対 象:経営者又は経営担当者様 


*秘匿性が高いため、同業者、コンサルタントの参加は堅くお断りします。 


申込み方法:FAX又はホームページからお申込みいただけます。


申込み締切:平成271013()





 








プリンタ用画面
友達に伝える
前
社員とのもめごと対策セミナー
カテゴリートップ
セミナーコンテンツ
次
マイナンバー制度対応セミナー

株式会社陽転では、
セミナー及び研修事業を実施しております。
アクティブブレイン協会
記憶術のアクティブ・ブレイン協会

チェレンジ25
「糀谷社会保険労務士事務所」は、
チャレンジ25に参加しています。

KATANA
Samuraiベンチャーに刀を。
「企業」が「起業」を支援する!
新たな起業支援

賃金の研究でダントツ!
(株)北見式賃金研究所

中小企業の給与水準を知るための
ポータルサイト

東日本大震災 義援金

プライバシーマーク


  ホーム  |   事業所案内  |   個人情報保護方針  |   特定商取引法に関する表記  |   サイトマップ  |   お問合わせ     .  

Copyright©2004-2012 糀谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.